【コラム】熱中症対策!!

テレビなどでも報道されているとおり、今年は例年にない厳しい暑さですので熱中症対策が欠かせません。
 
人は汗をかくことで体温の上昇を防いでいます。しかし、体の中の水分が不足(これを脱水状態と言います)すると、汗がかけなくなってしまい体温が上昇します。この状態がいわゆる”熱中症”となります。
 
熱中症の初期症状は「ボーっとする」「体がだるい」「気持ちが悪い」「手足がしびれる」などです。これらの症状は風邪や疲れなどでもみられる症状と似ていますが、放置しておくと「けいれん」「めまい」「 失神」「意識障害」などの重篤な症状を引き起こすこともあるので初期での対応が重要となります。屋内外に関わらず暑い環境での体調不良は熱中症の可能性がありますので、自分だけでなく家族や周りの人にも注意を払ってあげる心構えも大事です。また、屋内では徐々に温度が上昇していくので暑さを感じにくく熱中症になっても気が付きにくいこともありますので、周りに独り暮らしのお年寄りなどがいらっしゃいましたら、こめまめに連絡をとって体調の変化に気を配ってあげると良いでしょう。一般的にはお年寄りや小さなお子さんが熱中症になりやすいと言われますが、健常な成人にも起こりますので過信しないよう注意してください。また、軽い脱水状態では喉の渇きを感じにくいので、喉が渇く前に こまめに水分を補給することも重要です。
 
熱中症が疑われる場合は、まずは日陰で風通しの良い場所や冷房の効いた涼しい部屋に移動し、安静にして水分を補給してください。大量に汗をかいている場合は、水分だけでなく塩分も不足していますので、水分補給には水やお茶ではなくスポーツドリンクの方が適しています。また、太い血管のある後頭部や腋(わき)、足の付け根などを氷枕や保冷剤で冷やして体温を下げることも重要です。それでも体調不良が改善しない場合は、あまり我慢をせずに医療機関を受診してください。多くの場合は病院で点滴を行うことで体調は改善しますが、状態によっては入院が必要になることもあります。なお、意識がもうろうとしていたり水分も飲めないよ うな状態の時は救急車を呼んでください。
 
今年はまだまだ猛暑が続くようですので、これからもしっかり熱中症対策を行って夏を乗り切りましょう。