大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

乾内科クリニックでは内視鏡専門医による「安全で正確な苦痛の少ない大腸内視鏡検査(大腸カメラ)」を行っています。

大腸カメラ

硬度可変式細径拡大内視鏡スコープ

腹痛、下痢、便秘、血便などの症状がある方や便潜血検査で陽性になった方は、大腸の病気の可能性があるので大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けることをお勧めしています。大腸カメラで見つかる病気には、大腸ポリープ、大腸がん、痔、粘膜下腫瘍、結腸憩室症、潰瘍性大腸炎、クローン病、虚血性腸炎などがあります。

大腸カメラは、まず、お尻(肛門)からスコープを入れて大腸の一番奥(盲腸)まで挿入し、少しずつ引き抜きながら大腸全体を観察する検査です。検査にかかる時間は20分弱です。

癌や潰瘍性大腸炎などが疑われる場合は確定診断のために組織採取(病理組織検査)を行うことがあります(病理検査の結果説明は1週間後になります)。また、検査中にポリープが見つかった場合は、ポリープの大きさ、形、表面構造などから治療の必要性を瞬時に判断し、その場でご本人に説明して、そのままポリープを切除することもできます(日帰り手術)。1回の検査で大腸ポリープの日帰り手術まで行うことで、ポリープ切除のための再検査を省くことができます。ただし、ポリープが大きい場合は切除後に出血する危険性が高く、入院による治療が必要となります。その場合は、速やかに入院可能な専門病院へ紹介いたします。
誰でも大腸の中には宿便が溜まっていますが、検査時に便が残っていると挿入や観察が困難になり検査時間も長くなってしまいます。そのため、検査前に一度診察に来ていただき、前処置薬として下剤や腸管洗浄液を処方いたします。前処置薬の飲み方や前日の食事などの注意事項についても、その時に詳しくご説明いたします。なお、遠方にお住まいで何回も来院できない方につきましては、初回検査(他院での検査を含む)ではなく腹部症状(腹痛、便秘、血便など)がない方であれば、検査前日に外来で処置薬を処方し、近くのホテルにお泊りいただき、翌朝ホテルで前処置薬を飲んでもらい検査を受けていただくことも可能です(事前にお電話でご相談ください)。

乾内科クリニックでは、オリンパス社製の最新の内視鏡システムと、ハイビジョン画質と広い視野角を持ち広範囲の詳細な観察が可能で拡大観察機能も搭載した高度可変式細径スコープを使用して大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を行っています。同システムでは通常観察に加え、大腸の表面の血管や構造を強調表示する「特殊光観察(NBI)」と、約80倍までズームアップして表示する「拡大観察」が可能です。NBI併用拡大観察を行うことによって治療が必要な病変かどうかを瞬時に診断することができます。

乾内科クリニックでは、皆さまに安心して内視鏡検査を受けていただくために、院内に自動内視鏡洗浄消毒機を2台完備し、日本消化器内視鏡学会が推奨する最高水準の内視鏡洗浄・消毒を行っています。
※乾内科クリニックでは日本消化器内視鏡学会専門医が全ての内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)を担当しています。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の料金表(目安)

  1割負担 2割負担 3割負担
観察のみ 約2,000円 約4,000円 約6,000円
ポリープ切除(1臓器) 約6,500円 約13,000円 約20,000円
ポリープ切除(2臓器) 約7,000円 約14,000円 約21,000円
ポリープ切除(3臓器) 約8,000円 約16,000円 約24,000円

※上記の金額には診察料や処方箋料などは含まれません。また、ポリープの場所や大きさなどによって料金が変わることがあります。
※ポリープを切除した場合は病理組織検査を行います。病理結果は1週間後に外来でご説明します。なお、ポリープを切除した後には点滴を行いますので、院内で1時間程度お休みいただきます。

乾内科クリニックの大腸カメラの特徴

痛みが少ない!

大腸カメラでは、スコープを大腸の奥まで挿入する途中に、スコープによって大腸が伸ばされることで痛みが出ることがあります。乾内科クリニックでは、大腸を伸ばさずにたたみながら挿入する「軸保持短縮法」という技術を用い、ほとんど痛みを感じさせずに大腸カメラを行っています。また、細くて硬さを変えることができるスコープを使用していますので、患者さんに合わせた適切な挿入を行うことができます。

苦しさが少ない!

大腸カメラでは、大腸の中に空気が溜まることによってお腹が苦しくなることがあります。乾内科クリニックでは、普通の空気と比べて吸収が早く安全な炭酸ガスを使用して大腸カメラを行っています。炭酸ガスを使用することによって検査中および検査後のお腹の苦しさが楽になります。 乾内科クリニックで大腸カメラを受けた101人のアンケート調査では、ほとんどの人が炭酸ガスを使用することによって検査が楽になったとの回答をいただきました。

※このアンケートの結果は、臨床研究としてProgress of Digestive Endoscopy 78(2):57-61, 2011に掲載されました。

内視鏡用炭酸ガス送気装置


乾内科クリニックでは「無麻酔」で大腸カメラを行っています。

乾内科クリニックでは、先端部外径が11.7mmの細径大腸内視鏡スコープを使用し、痛みを感じにくい挿入方法(軸保持短縮法)と、検査中にお腹の張りを軽減する炭酸ガスを用いて、大腸カメラを行っています。これらの工夫によって楽に大腸カメラを受けていただけるため、乾内科クリニックでは眠くなる麻酔(鎮静剤)や痛み止め(鎮痛剤)は通常行っていません。過去に大腸カメラで大変な思いをした方も安心して検査を受けていただけます。また、鎮静剤や鎮痛剤を使用しないため、体に負担がかからない上に、検査後もご自身で車を運転して帰宅することも可能です。

※ご希望があれば鎮静剤を使用することも可能です。
※スコープが直接通過するお尻(肛門部)にはゼリー状の局所麻酔を塗ります。

女性医師による大腸カメラも行っています。

女性の中には大腸カメラに抵抗を感じている方も多いと思います。乾内科クリニックでは毎週金曜日に女性医師による大腸カメラを行っています。女性医師の検査をご希望の方は検査予約時にお申し出ください。

大腸カメラの一般的な流れ

外来受診

・検査の予約を行い、前処置薬を処方されます。

検査5日前

・初めて検査を受ける方や便秘の方は、検査の5日前から便を軟らかくする薬を服用します。

検査前日

・夕食は消化の良いものを食べ、早めに済ませてください。
・検査食をご希望の方は院外薬局でご購入ください。
・寝る前に下剤を服用します。

検査当日

・検査が終わるまでは食事をしないでください。
・検査当日の朝に前処置薬(錠剤)を服用します。
・その30分後に腸管洗浄液(2リットル程度)を服用します。
(前処置薬の飲み方については事前の外来受診時にご説明します)
・検査の予約時間の15分前までにご来院ください。

※検査結果は検査終了後(当日)にご説明します。
※鎮静剤の使用をご希望の方は自家用車でのご来院はお控えください。

※本ホームページ内の画像の一部は、オリンパスメディカルシステムズ(株)「メディカルタウン」より許可を得て転載しています。