JDDW2019KOBEにて発表しました。

11月20日(木)~24日(日)に神戸で開催されたJDDW2019KOBEに参加してきました。JDDWは、「日本消化器病学会」「日本消化器内視鏡学会」「日本消化器がん検診学会」「日本肝臓学会」「日本消化器外科学会」の5学会が合同で開催する大規模な学会で、毎年2万人以上の医師が参加します。

今年のJDDWでは、「胃がん検診への応用を考慮した血清診断と内視鏡診断を組み合わせた総合的ピロリ菌感染診断法(抗体・内視鏡併用法、ハイブリッド ABC)の有用性評価」の発表演題で、昨年に続きデジタルポスターセッションを行いました。フロアの先生方や司会の先生と貴重なディスカッションを行うことができました。また、神戸どうぶつ王国で開催された合同評議員懇話会にも参加しました。アルパカなどの動物たちのお出迎えもあり、たくさんの先生方とも交流を深めることができました。今回得られた新しい知識や経験を生かしてより良い医療を提供できるよう精進していきたいと思います。

なお、学会参加のため11月21日(金)を臨時休診とさせて頂きご迷惑をお掛けいたしました。(記:院長 乾 正幸)