JDDW2018 KOBEで発表しました。

2018年11月1日(木)〜4日(日)に神戸で開催されたJDDW2018 KOBEに参加してきました。
 
JDDWとは「日本消化器病学会」、「日本消化器内視鏡学会」、「日本肝臓学会」、「日本消化器外科学会」、「日本消化器がん検診学会」の5学会が合同で開催する大規模な学会です。毎年約2万人の医師が参加しています。今年のJDDWでは「高精度な胃がんリスク層別化を可能とするハイブリッドABCを用いた胃がん検診」のタイトルで発表を行い、フロアの先生方や司会の先生とディスカッションを行うことができました。11月2日(金)の夜は神戸どうぶつ王国で開催された合同評議員懇話会にも参加してきました。動物たちのお出迎えもあり多くの先生方とも交流を深めることができました。
 
ま た、11月1日(木)のブレックファーストセミナー6(富士フイルム和光純薬株式会社共催)では私が以前執筆したGastro-Health Now「高崎市におけるLタイプワコーH. ピロリ抗体・Jを用いた胃がんリスク層別化検査(ABC分類)の運用法」(認定NPO法人日本胃がん予知・診断・治療研究機構機関紙)を資料として配布して頂き多くの方々にその内容を知って頂く良い機会となりました。今後も新たな知見を加えて情報を発信していきたいと考えています。
 
なお、学会参加のために11月2日(金)を臨時休診とさせて頂きご迷惑をお掛け致しました。今回得られた知識や経験を活かして、より良い医療を提供できるよう精進していきたいと思います。(文責:院長 乾 正幸)