「日本実地医家消化器内視鏡研究会」に参加しました。

2019年7月7日(日)に東京で開催された「第19回日本実地医家消化器内視鏡研究会」に参加してきました。この研究会は内視鏡を行っている全国の開業医が中心となって年1回開催されているもので、例年多くの出席者が全国から集まります。

今回は家族性腫瘍の診療における実地医家の役割、便秘に対する最新の治療戦略、最新の診療ガイドラインに沿った内視鏡手技など、明日からの診療に役立つテーマの講演が企画され、とても有意義な会となりました(記:乾 正幸)