院長らのLetter to the Editorが『日本消化器病学会雑誌』に掲載されました。

院長らが執筆したLeter to the Editorが日本消化器病学会雑誌に掲載されました。

乾 正幸, 大和田進, 乾 純和. LZテスト’栄研’H. ピロリ抗体の陰性高値について. 日本消化器病学会雑誌 116(4);360-361:2019

これは、自施設での研究結果も含めた複数の研究論文を解析した結果、新しいピロリ菌検査キットであるLZテスト’栄研’H. ピロリ抗体は、従来のキットと同様に判定保留域(陰性高値)が存在するということを示したものになります。臨床や検診の現場で正しいピロリ菌の検査を行うためには必要不可欠な情報であり、広く周知されることが重要であると考えています。