『第97回日本消化器内視鏡学会総会』に参加しました。

2019年5月31日(金)~6月2日(日)に東京で開催された『第97回日本消化器内視鏡学会総会』に参加してきました。
 
今回の総会では最先端の技術(AI等)や研究成果についての発表が多数ありました。また、医療の国際化に伴い、会期中は常に英語のセッションが企画されていました。シンポジウムやパネルディスカッションでは、胃粘膜の新しい内視鏡所見に関する知識や大腸内視鏡挿入に関する現在のコンセンサスなどを勉強する良い機会となりました。また、僭越ながら私も十二指腸ステントに関するポスターセッションで座長を務めさせて頂きました。なお、学会参加のため6月1日(土)は不在とさせていただきご迷惑をおかけ致しました。
 
また、会期中に開催された臨時理事会において本総会会長の井上晴洋先生が日本消化器内視鏡学会の新理事長に就任されました。心よりお慶び申し上げます。(記:院長 乾 正幸)