『第25回日本ヘリコバクター学会学術集会』で発表を行いました。

2019年6月21日~23日に名古屋で開催された『第25回日本ヘリコバクター学会学術集会』のワークショップ「除菌後長期観察例」において、院長乾正幸が発表を行いました。

演題「ラテックス免疫比濁法キットにおけるピロリ菌除菌後の抗体価推移の検討」のもと、除菌後経過期間が長期になるにつれて抗体価が有意に低下することなどを報告させていただきました。これまでラテックスキットで測定した抗体価の除菌後変化についての報告はほとんどなく、今回の発表は先行的な研究内容であり今後さらに検討を重ねていきたいと思います。

なお、学会参加のため6月22日は院長不在とさせていただきご迷惑をおかけいたしました。