『日本内科学会講演会』と『日本医学会総会』に参加しました。

今月末に名古屋で開催された『第116回日本内科学会講演会』と『第30回日本医学会総会』に参加してきました。
 
今年の日本内科学会の講演会は4年に1度の日本医学会総会との同時開催で、またゴールデンウィーク期間中ということもあり家族連れの参加も見られる和やかな雰囲気の中での会となりました。また、名古屋駅から学会会場であるポートメッセなごやへは「あおなみ線」で移動しましたが、名古屋駅では券売機に長蛇の列ができていました(交通系ICカードを持っている人は並ばずに済んだので助かりました)。
 
日本内科学会講演会では、普段はなかなか聴講する機会のない呼吸器病や動脈硬化、腎臓病などのセッションが多数あり参考になりました。また、日本医学会総会ではノーベル賞を受賞された天野浩先生、本庶佑先生、山中伸弥先生らの講演が企画されました(私はあいにく時間の関係で拝聴叶わず残念でした)。私自身これからも一内科医として幅広い知識をアップデートしながら日々の診療を行って参りたいと思います。(記:院長 乾 正幸)