「第78回日本消化器がん検診学会関東甲信越支部地方会」で発表しました。

2018年9月2日(日)に宇都宮で開催された第78回日本消化器がん検診学会関東甲信越支部地方会シンポジウムにおいて、「ピロリ菌感染症と内視鏡検査を組み合わせたハイブリッド検診の有用性」に関する発表を行ってきました。
 
このシンポジウムでは、本地方会のテーマ『消化器がん検診の裾野を広げるためには?』のもと医師のほか県・市の職員、放射線技師らの発表もあり検診に関する様々な問題についてディスカッションが行われ、また違った角度から物事をみる良い機会となりました。この他にも保健師によるスキルアップセミナーなども開催され大変盛況な会となりました。この学会参加で得たものをこれからの日々の診療に生かしていきたいと思います。(文責:乾 正幸)