「第15回日本消化管学会総会学術集会」「第12回日本カプセル内視鏡学会学術集会」に参加しました。

2月1日(木)~2月3日(日)に佐賀市で開催された「第15回日本消化管学会総会学術集会」と「第12回日本カプセル内視鏡学会学術集会」に参加してきました。
 
両学会とも全国から多数の先生方が参加され活気にあふれていました。最新の内視鏡機器に関するセッションでは自走式カプセル内視鏡や人工知能を用いた内視鏡診断の開発が進んでいるとのことで、実用化まであと一歩という段階まできています。また、高崎市でも行われている胃内視鏡検診に関するセッションでは、現在の検診の問題点について熱いディスカッションが行われ、今後の理想の検診のありかたを考える良い機会となり、非常に有意義な学会参加となりました。
 
なお、学会参加のため2月2日(土)は不在となりご迷惑をおかけいたしました。(記:院長 乾 正幸)