日本消化器内視鏡学会のセミナーに参加しました。

2019年2月24日に横浜市で開催された「日本消化器内視鏡学会第45回重点卒後教育セミナー」に出席しました。

これは同学会の専門医および指導医を対象に、内視鏡診断における技術や知識の向上を目的として定期的に開催されているものです。今回のテーマは「上部消化管内視鏡診療のUp-to-date」で、午前中は食道癌の内視鏡診断、内視鏡治療、食道アカラシアの診断と治療(POEM)について、午後はピロリ菌感染胃炎の診断、胃・十二指腸腫瘍に対する内視鏡治療(ESD)についての講演を拝聴しました。当日は、約1,200人の会場がほぼ満席の状態でした。これからも自身の内視鏡診療のアップデートを心掛けていきたいと思います。(記:院長 乾 正幸)